ワクワクドキドキのエアーパーク

9月26日(水)ムーンワーカーズ作業所から9名の隊員(?)達は、航空自衛隊浜松基地 エアーパーク に行って来ました。

東名高速 浜松西インターを降りて基地は目の前、すぐに到着のはずでしたが、あまりにも広大な敷地の為、探し求め基地をほぼ半周、よりによってエアーパークは一番奥にあり、やっとの思いで辿り着きました。

基地に着陸したならここに来た一番の目的であるフライトシミュレーターの予約をして任務を成し遂げなくては・・・と展示格納庫に入ってびっくり!その中には戦闘機やヘリコプター合わせて19機が、「わー!すご~~い!!」の声、さっそく「T-2ブルーインパルス」のコックピットで二人の隊員?の記念撮影、「カッコいい~~!!」と かつ君 に歓声、でも緊張でなんか顔が引きつっているみたい。いよいよ次は浜松基地を離陸してから着陸するまで約10分の操縦体験が出来るフライトシミュレーター、ワクワクドキドキしながら順番待ち、そしてコックピットへ、体験を終えた人に感想を聞くと「まあまあ楽しい」「べつにー」とあまり気のない返事、皆さん初級の自動操縦であったからでしょうか?ちなみに筆者は 中級の手動操縦で3回着陸に失敗して落ち込んでしまいました。初めての経験なので仕方がないかな・・・。でも良い体験をさせていただきました。私的には天井から吊られていた「 ゼロ戦 」を見て更に心がブルーになりました。年なのでしょうか。

image004

私たちが館内を見学中にも練習機が何度も轟音をたてながら離着陸を繰り返していました。国防の為に隊員の皆さんは訓練をされているのでしょう。

見学も終わり、最後にジェット練習機の前で全員の記念撮影をしました。皆さんそれぞれが心に何かを刻み、考えてもらえればと思いつつ帰路につきました。

image006

               (T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です