瀬戸ノベルティを述べるには・・・?

私が「セト・ノベルティ」なるものを知ったのは、昨年秋のTV東京「なんでも鑑定団」でした。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20110927/02.html

「ジャパンマイセン」とも呼ばれる名工の技術が、こんな身近にあったなんて・・・と驚き、そのうち見に行かなきゃと思いつつも、すっかり忘れていました。

image007

写真:http://www.845.fm/daily-sanq/?p=5312 より     ところが、 11月17日、利用者レクで偶然にも訪れたのが、瀬戸市「ノベルティこども創造館」でした。中に入るまでは、ノベルティグッズの工作体験程度に考えていましたが、”あれぇー、あのときの・・・?” と、1年前のTV放送を思い出すや、”おおっ、やはりあのときの!” と、ウィンドウに並ぶ時価数百万円の名品に、しばし目を奪われたのでした。 さて、今回の目的は利用者の土いじり体験です。そして、テーマはクリスマスツリー☆ 驚きは、講師の松平先生。なんとっ、この道57年の職人さん、いやマイスター、いや 大名人なのでした。

image010

出来上がったモノは、木の台座を付けて持ち帰ることが出来ます。みんな、無我夢中! モノづくり体験は楽しい!また、みんなで来ようと思います。
セト・ノベルティを述べるてぃ(・・)は、せっ瀬戸(・・)、通わなければなりませんから・・・。                    (Sakai)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です