味噌蔵の見学に行ってミソ!?

9月18日、岡崎市にある「カクキュー八丁味噌の郷」へ車三台に分乗して社会見学に行きました。出発するのが予定より40分以上遅れてしまい、途中でコンビニの駐車場での昼食兼トイレ休憩となってしまいました。それでも何とか見学の予約時間には間に合いました。受け付けを済ませ建物に移動です。小さな庭園を通り抜け、昭和36年3月に作られたという地蔵菩薩像を見たりしながら進んでいくと、大正時代に建てられたという黒光りした立派な建物がそそり立っていました。

岡部さんというお姉さんの案内で中に入り見学コースを進みます。当時の金庫やラジオや大福帳、そして朝の連続ドラマ「純情きらり」のパンフレットや宮崎あおいさんのサイン色紙が展示されていました。二階には米麹や酵母菌による発酵のための作業部屋があることを知りました。そこから一旦外へ出て、お地蔵様に手を合わせ次のルートへ。いよいよ巨大な樽のある味噌蔵へ入りました。独特の臭いにやられながら進むと、樽の中に大きな石が積み上げてありました。

image004image008

お姉さんの説明では、地震が来ても崩れないように、一つ一つ丁寧に計算しながら積み上げてあるということでした。その後で、「純情きらり」のロケ地に使われた話や、テレビで見たことあるかという話で盛り上がりました。見学コースの最後の角を曲がると、その先には売店と味噌汁の試飲室があり、僕はまず試飲をしました。赤味噌と八丁味噌のあわせで、出汁が効いていてとても美味しかったです。売店へ行くと、オカザえもんストラップや日本手ぬぐい、味噌饅頭や味噌せんべい、えびせんべいやラーメン、うどん等のお土産物があり、どれを買おうか迷ってしまいました。結局僕は何も買わずに帰りましたが、いろいろと見学できて楽しかったし、お土産の味噌をいただいて、嬉し・楽し・満足~な1日でした。

image010

( 原文:ミッチーさん  編集:H )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です