Let it go! 飛ぼうと思う者だけが飛べる

一年の新たなモチベーションを形成するための心理トレーニングを行いました。モチベーションが不足しがちな方は、ご自分なりにアレンジしてチャレンジしてみませんか!?

  • ステップ1—絶望感に浸る

『 色即是空、形あるものはいつか必ず消えてなくなる。こつこつと貯めたお金も、やっとの思いで築いたマイホームも、不滅だと信じる母なる地球さえも。

諸行無常、この世に永久不変のものなどない。

上昇した株価は必ず下落し、昨日の大富豪が今日は大貧民に、いじめ-虐待-自殺と人の行いは乱れはて、地震-台風-大洪水と神の行いまでもが荒れ狂う。

仏はいったい何をしている、ほっとけ!! 』

このように、あえて思う存分、自分をネガティブ思考回路に追込みます。

  • ステップ2—開き直る

「それがどうした?人生そんなもんでしょ」 と自分なりの居直り文句を発します。ちなみにこの文句は自らの座右の銘です。そして、ここからが大切です。

一回、二回・・・五回ほど徐々にボリュームアップしながら繰り返すうちに、絶望のどん底へ希望の光が差し始めます。

  • ステップ3—自己暗示にかける

続けざまに「飛べればいいのにな」「飛べるかもしれない」「たぶん飛べる」「きっと飛べる」「絶対飛べる」「飛んでやるぅ~!!」と自分に言い聞かせていくのです。他人のことがどうでもよくなるまで続けてください。そして「自分だけが飛べる」そう思えたとき、約80%の自信が漲っているはずです。

**20%の不安はそのままに、腹八分目に留めておくことがポイントです。さらに注意したいのは「どこに向って?」と聞き返さないことです。

Enywhere OK! 飛べる自分をイメージすることが大切なのです。ただし、本当に屋根や屋上から飛んではいけません。漲る自信だけでは重力に勝てませんから。** 不安なき慢心は自分を破滅に導きます。

どうでしたか?このトレーニングは、僭越ながら私が考案した心理療法です。反作用の原理を応用しています。ただし、人生に不満のない人には効き目がないようです。

改めまして、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

「跳ぼうと思う者だけが跳べる」。人類で初めて6mを跳び、自己の世界記録を35回も塗りかえたあの鳥人ブブカがそう言ったかどうかは定かではありません。しかし、彼が成した偉業の背景には人並み外れたモチベーションがあったことは事実です。

「世界一高く跳び、世界一高い車に乗って、世界一いいアパートに住んでやろう」という発言がその表れです。かなり自己中心的発言ととれますが、それでいいのです。自身の記録を自身が超えてきたプロセスに、ライバルという他人がいなかったのですから、自分のことだけを考えることで自分を高めてきたのでしょう。

その意味で、昨年の自分には大きな反省があります。それは、周囲の目を意識するあまり、モチベーションだけが空回りして、A型就労支援という新事業立ち上げに失敗してしまったことです。

その反省をしっかりと踏まえ、今年はもっと自然体で取り組んでいかねばと思っています。

とはいえ、じっとしている「Let it be」ではなく、自由に動く「Let it go」を胸に刻みながら「飛んでみよう」と思います。

私のことはさておき、ムーンワーカーズ、ムーンヘルパーズそしてコスモスオンリーワンを本年も宜しくお願いいたします。

2016年1月1日

㈱ムーンワーカー 代表取締役 坂井 与志久

 image006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です