“ブレーメン・フェスティバル”へようこそ

10月20日(土)「声とアートで未来をつむぐ」と題して 名古屋東山動植物園 にて ブレーメンフェスティバルが開催されました。当作業所も参加模擬店41店のひとつとして参加させていただきました。先月号に掲載の「なっちゃん父の苔玉」「金時キャラ」「みんなで作った額」「はるちゃんのオリジナル絵葉書」等の作品を販売させていただきました。当日の朝は少し肌寒く感じましたが、日差しが心地よく過ごしやすい日になりました。

image005image003

動物園の来場者も多く場内は一時大混雑の状況でした。私たちのブースは偶然にも「インドサイ」舎のまん前、利用者‘かつくん’は背を向けて座っていたのに「サイ」が終始気になる様子、何度も振り向いているうち遂に「かつくんモード」に突入。「サイ」が糞をした後、走り回るのを見てもう楽しくてゲラゲラ。「やっぱ、サイは、くっサイわ~」の連発で「おやじ(?)」の仲間入り、私たちも「かつくんモード」を見てゲラゲラ、そうこうしている間に餌の時間が近づいているのでしょうか?おとなしくしていた「サイ」がまたスピードをあげて走り出し「かつくんモード」も絶好調、フェスティバルも絶好調、あっという間に終了時間、名残惜しいのですが「サイ に サイなら」を言いました。今回始めて参加させて頂いて他店の勢いに圧倒されつつも何とか無事に、そして個性的感覚でやり遂げられました。ここまで頑張れたのは作業所全員の努力と、関係者の方々のおかげだと感謝しております。関係者のみなさまお疲れ様でした。そしてありがとうございました。      (T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です