オンリーワンで生きよう!

♪ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン・・・♪ と始まるこの曲は、当時国民的アイドルグループNo.1のSMAPが歌ったからこそ大ヒット曲となった。また、歌詞にも説得力があった。もしも無名の人が歌っていたなら単なる「犬の遠吠え」に過ぎなかっただろう。

かたや、スーパーコンピュータ仕分論議の場で、“なぜNo.1でなければいけないんですか、No.2ではだめなんですか”と迫った口の達者な女性代議士がいたが、物事の本質を知らないおバカ発言である。NHKのあのヒット番組「プロジェクトⅩ」にNo.2以下が取上げられたことがあっただろうか。ギネスブックにNo.2以下の記録が刻まれるだろうか。つまりNo.1とNo.2の間には天と地の開きがあるのだ。だから、何事もやるからにはNo.1を目指そう。・・・とその当時は思っていた。ところが、産業界No.1に君臨していた米国GMが破綻し、日本でもJALが破綻、東京電力も事実上破綻。角界では力の有り余っていた横綱朝青龍が引退に追い込まれ、芸能界では飛ぶ鳥落とす勢いの島田紳助が引退した。う~んむ、No.1・・・ その一寸先は破綻か引退か・・・。

さらには、破綻しかけた米Apple社がipadで、また、日影族だったLinuxがAndroidでMicrosoft社の牙城Windowsを切り崩し始め、牛丼といえば吉野家だったが、いつの間にか新参者のすき家に1位の座を奪われ、お笑い界M1グランプリでは、1位よりも、2位のオードリーやスリムクラブのほうが売れるという現象が起きている。

大切なことは、No.1かどうかではなく、消費者や大衆の支持を得ているかどうかである。

 (Sakai)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です