2千年 : 46億年 = 14秒

約46億年前に地球が誕生し、約40億年前に生命が誕生した。そして、長い長い進化の年月を経て、約700万年前に人類が誕生した。これらの生物史は現代人の常識である。

ところが、宗教的制約や貧困などにより、それらの常識を知らされる機会がない、すなわ ち教育を受けていない人々がたくさんいることをパキスタンの少女マララさんは世界に訴えた。今なお、世界各地が、そして自らがイスラム過激派によるテロに 脅かされている。敬虔なイスラム教徒であるマララさんは、イスラムの現状をこう語った。「もしわたしがあなたの頭に銃をつきつけて、『イスラム教こそ本物の宗教だ』といったら、誰が信じるでしょう」

malala

宗教とは本来、人々を幸福にするためのものではないのか。もし、教育の権利や生活の自由を束縛しているものであれば、それは宗教ではない。神が7日間で天地創造をしたという作り話(神話)を信じるか信じないかは自由だ。また、必ずしも知識が幸福を生むとは言い切れない。だが、無知が不幸につながることはたくさんある。

sem_god_tree

仮に地球史46億年を一年に置き換えると、ホモ・サピエンス以後の人類史20万年は約二十二分、宗教2000年の歴史は僅か十四秒足らずとなる。365日で数えると、ホモ・サピエンスは12月31日大晦日の午後11時38分に出現し、同日の午後11時59分46秒に宗教が生まれたことになるのだ。そう考えれば人類がいかに小さな存在で、宗教がどれほどあさはかなものかが見えてくる。

そして、生命史40億年を知ったとき、我々の命は限りない奇跡の連続で生まれたことがわかる。だからこそ、命は大切にしなければならない。

seimeishi_large

決して多くの知識を得ているとはいえない私たちの施設利用者。彼らが幸せになるために、私たちは何をどこまで教えればよいかを常に考えていかねばならない。                (Sakai)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です